HOME  >  ゴダイのコーティングについて

ゴダイのコーティングについて

ゴダイのコーティングは親水です。
車のボディの塗装表面にガラスの被膜を形成し外的要因から大切なお車を守ります。
水洗い洗車で、ガラスの光沢感を維持でき、親水と撥水の使い分けも簡単です。

ガラスコーティングとは

  • 1.ケイ素(Si)・窒素(N)・水素(H)のみから構成される化合物
  • 2.有機成分を含まない 完全無機質
  • 3.水分と反応してシリカガラスに転化
大気中に含まれる水分(H2O)によって加水分解することにより、窒素(N)はやがてアンモニア(NH3)へと変化し 揮発します。この時結合した分子が、ケイ素(Si)と水に含まれる酸素(O2)となり、その結果Si-O2シリカガラスとなります。

ガラスコーティングのメカニズム

▶ 完全無機質ガラス被膜で長期間ガラスの光沢感を維持

シングル構造
  • シングル構造
  • グラスシード
    グラスシード
  • クリスタルヴェール
    クリスタルヴェール
  • シリカコート
    シリカコート
  • ブラック
    ブラックシングル構造
  • プレミアムコート(高密度)
    プレミアムコート(高密度)
■  シングル構造ガラスコーティング(グラスシード・クリスタルヴェール・シリカコート・ブラック)
完全無機質なので塗装面としっかり結合し、高い密着性がえられ長期間定着安定します。
ダブル構造
  • ダブル構造
  • GKプレミアムコート
    GKプレミアムコート
  • ブラック
    ブラック ゴールド
■  ダブル構造ガラスコーティング(GKプレミアムコート・ブラックゴールド)
無機質のガラス被膜をダブル構造に作り上げたコーティング剤です。first coatにおいては、ケイ素の量(密度)を従来のシングル構造の4倍で安定定着させ、さらにtop coatとしてシングル構造のコーティング剤を上から重ねた2重構造複合被膜コーティング剤です。

▶ 他社有機系ガラスコーティング剤の場合

■  一般的なガラス系コート剤
有機物が入っている為、結び付きが弱く、1~2年でコーティングが剥がれ落ちてしまいます。 また有機物は、汚れを引き寄せる性質があり、汚れが一度侵入すると逆にガラス質の被膜にガードされ、汚れが落ちません。
  • 雨が降ることにより(水分)有機物と反応を起こしボディ表面が白くボケる乳化現象を発生させます。
  • CH3はやわらかく有機物ですので、汚れを引きよせる力があり、汚れが一度CH3に侵入すると逆にSiO2の被膜に守られる形となり汚れが落ちません。

特徴・効果

  • 1. 完全無機質のガラス構造のため、濃色車に見られる乳化現象「白ボケ」が発生しません。
  • 2. 塗装面を完全に保護し、劣化現象が発生しません。
  • 3. 新車と比較してもコーティング塗布感が確認でき、高級車に必要とされる上品な艶感、光沢感がご体感できます。

ガラスコーティングのお手入れ方法

ガラスコーティングは完全無機質のコーティング被膜を形成することにより、親水状態と撥水状態の使い分け をする事ができます。
洗車時にボディシャンプーを使用する事により親水状態に、ボディローションを使用する事により撥水状態に仕上げる事ができます。
この親水・撥水の使い分けをする事でユーザーニーズに幅広く対応できます。
また、季節に応じた親水・撥水の使い分けを行う事で外的要因による塗装へのダメージも軽減します。

親水・撥水の状態の写真